第18回ヴィデオアート研究会【5月27日】

2017/05/15 ヴィデオアート研究会

ヴィデオアート研究会 第18回研究会(5月27日)開催のお知らせ

日時:2017年5月27日(土)15:00-17:00
会場:梅屋敷スタジオ
東京都大田区大森西7-7-27第二宝荘1F北側
(イワサキ印刷右、設備屋の左)
京急本線梅屋敷駅10分、JR/東急蒲田駅東口より13分
https://goo.gl/maps/zAS65zsbrCu

内容:ハルーン・ファロッキとドイツのメディア論
2014年7月にこの世を去ったアーティスト、ハルーン・ファロッキは、ドクメンタ12(2007)での”Deep Play”をはじめ、技術と視覚、イデオロギーとの関係を主眼に多くの映画作品やインスタレーションを手掛けた。また理論家としても活動したファロッキは多くのテクストや対話を残している。今回は、ファロッキと同時代のヴィレム・フルッサーやノルベルト・ボルツなどドイツ系のメディア論者の言説と比較しながら、これまで模索されてこなかったファロッキの新たな位置づけを行なうべく研究を進める。今回を皮切りに、ファロッキをめぐる研究会を数回にわたって行なうことを予定している。

予定パネリスト:
河合政之(東京造形大学・東北芸術工科大学非常勤講師/学会員)
小倉裕介(現代企画室)

進行:
瀧健太郎(ビデオアートセンター東京/武蔵野美術大学非常勤講師/学会員)

会場定員:10名

*本研究会は、ヴィデオアートのアカデミックな研究と、制作や展示現場のフィールドワークを交互に行なう方針で発足されました。今回はヴィデオアートに関する文献研究に関する研究会となります。

お問合せ:日本映像学会ヴィデオアート研究会
代表 瀧健太郎
e-mail:taki.kentarou(アットマーク)ebony.plala.or.jp
tel ○8○-9567-1222
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-6
co-lab 渋谷アトリエ内