2018年度第1回アジア映画研究会【4月4日】

2018/03/27 アジア映画研究会

日本映像学会会員各位

アジア映画研究会(第4回)開催のお知らせ

アジア映画研究会(第2期第4回/通算第22回)を下記のとおり開催します。
日時:2018年4月4日(水)18:00-20:00
会場:国際交流基金・御苑前オフィス7階アジアセンター(702-703会議室/席数30)
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3-7F
(東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 2番出口 から徒歩8分)
アクセスマップ https://www.jpf.go.jp/j/access/map.html

今回は報告1件、講演1件です。

①報告「『アジア三面鏡2018』ミャンマー撮影報告」
    石坂健治会員(日本映画大学/東京国際映画祭)30分+討議

②講演「アジアとの共同製作を振り返る~プロデューサーの立場から」
    井関惺氏(映画プロデューサー)、聞き手:石坂健治 45分+討議

①は国際交流基金と東京国際映画祭が共同製作中のアジア3か国オムニバス映画『アジア三面鏡2018』の製作部に所属する発表者が、3月にヤンゴン(ミャンマー)で進行中の松永大司監督の撮影現場に立ち会った報告。
②は同じ『アジア三面鏡2018』の統括プロデューサーをつとめる井関惺(いせきさとる)氏に、アジア諸国との共同製作に関わってきた豊富な経験談をお話しいただく。井関氏は、大島渚『戦場のメリークリスマス』、黒澤明『乱』、陳凱歌『始皇帝暗殺』、ウェイン・ワン『スモーク』、ジェイコブ・チャン『墨攻』などを製作。日本を代表する国際派プロデューサーである。

———————-
ご参加についていくつか注意点がございます。

<19時までにご来場の方>
御苑前オフィスビルの正面玄関からお入りいただき、直接7階アジアセンターフロアまでお越しください。

<19時以降ご来場の方>
19時以降はビルが施錠されます。ご来場の都度、中から職員がお迎えに参りますので、到着次第、座長あてにご連絡ください。(4月座長:石坂090-4247-6394)

<出席について>
国際交流基金の会場の都合で、前日までに参加者全員のお名前とご所属を報告する必要があります。
参加をご希望の方は「調整さん」でおこないますので、下記のサイトへ行き、「出欠を入力する」をクリックしてください。
「表示名」にお名前(フルネーム)を入力、○(出席)△(不明)×(欠席)のいずれかを選び、コメントの欄にご所属などをご記入ください。
出席の方は、前日4/3(火)18:00までにお願いします。
https://chouseisan.com/s?h=67cc06cd4dbe4af3bbf26c50d559ad7b

以上

アジア映画研究会
代表 石坂健治
〒215-0014
神奈川県川崎市麻生区白山2丁目2−1
日本映画大学内
e-mail:ishizaka@eiga.ac.jp