第49回大会-発表申込
会期:2023年6月10日(土)、11日(日)
  1. ●研究発表/作品発表の申込資格
    2022年度在籍会員(会費未納・滞納者は除く)
  2. ●研究発表/作品発表の申込方法・期限
    ・大会ウェブサイトの「発表申込」フォームより申し込み下さい。申し込み後、受領確認の自動メールを差し上げます。メールが届かない場合は必ずお問い合わせ下さい。なお「発表申込」の字数は800 ~ 1000 字となります。その際に必ず「研究発表」「作品発表」「パネル」(今回新たな試みとして、共通する研究のパネルディスカッション、共同の研究の発表用として、1時間10分[通常の発表の2つ分の長さです]の発表スペースを3会場用意しております。これに関しての申し込みも第二通信のII 研究発表/作品発表申込要領に準じて申し込んでください。尚、映像学会既存の研究会はこれには申請できません。研究会は大会ではなく研究会の活動の中で行ってください。また、このパネルスペースでの発表と個人の発表の両方に申請することはできません。※申し込みが多い場合には、理事会によって抽選となる場合があります。第二通信参照のこと)を選択してください。
    ・提出された「発表テーマ」と「内容」は、下記「Ⅱ- 3 発表申込の審査」のとおり、厳正な審査と理事会の議を経て大会実行委員会によって正式に受理した後、原則として概要集にそのまま掲載されますので、それを前提に原稿を作成して下さい(画像等に著作権が関わる場合は必ず許諾も受けてください。また、引用元などの明記に関しても注意してください)。・発表の申込期限は、2023年2月13日(月)とします(尚、大会ホームページからダウンロードした指定のフォーム以外の申し込みは受け付けません)。
    ◯第49回大会発表申込フォーム(←ここからダウンロードできます)
  3. ●発表申込の審査
    ・上記Ⅱ-2に従い申し込まれた発表は受領後、日本映像学会理事会( 2023年3月18日開催予定)での厳正な審査・承認後、大会実行委員会が正式に受理します。
    ・受理に関しては、申し込み期限までに
    1 入会手続きや会費納入を完了する。
    2 理事会の所見をふまえた概要の再提出をする。
    以上のような(条件付き)受理も含みます。条件を満たさない場合、受理は取消となります。

    • また、下記の注意事項に留意してください。

    必要事項の記入に不備のある申込は、無効になることがあります
    日本語の形式も審査の対象になります
    ・ 学会の趣旨にそぐわない発表、あるいは施設の関係で対応できかねる発表は、お断りすることがあります。
    提出された発表のタイトル及び内容を発表申込受理後に変更することは原則としてできません


発表申込 2023年2月13日(月)締切


    氏名必須


    ふりがな必須


    郵便番号


    ご住所またはご連絡先所在地


    所属・勤務先必須


    所属支部必須


    連絡先 E-mail必須


    連絡先 E-mail の確認必須


    発表の種別必須


    発表タイトル必須


    発表申込FORMアップロード必須


    ファイル形式はwordのdoc、docxでお願いします。ファイル名は半角アルファベットでお願いします。サイズは1MB以下でお願いします。


    画像アップロード(画像−1)


    画像はjpeg、png形式で1枚のみ送ってください。ファイル容量は5MB以下でお願いします。


    備考


    発表申込フォームを再送する場合などはこの欄に記入してください。

    ↓↓↓以下の □ にチェックをつけてください。入力に間違いがないことを確認してください。


    発表申込の送信が終わったあと、確認のメールが届きます。翌日までに届かない場合は大会事務局に連絡してください。
    その他 記載事項
    • ※ E-mailによる連絡が可能な場合は、「ご住所またはご連絡先所在地」欄は無記入でもかまいません。
    • ※ 送信ボタンを押すと入力内容がメールで自動的に返信されますが、発表概要は各自内容を保存しておいてください。
    • ※ [発表時間]:研究発表/作品発表の時間は25分、質疑応答は5分とします。
    • ※[使用機材]:研究発表/作品発表にあたっては、持参したノートPC、会場設置の DVD /ブルーレイプレイヤーからプロジェクター、スピーカーへの接続が可能です。ノートPC からの接続は原則としてHDMIもしくはVGA端子です(PCからの音声が必要な場合はPCの設定等チェックするようにしてください)。それらの変換コネクタは、発表者が持参してください 。また、作品発表においてその他の機材を使用する場合は原則として発表者が準備してください。尚、必要に応じて個別にご相談いただいてもかまいません。
    • ※[配布物]:発表に際しての配布物がある場合は、各自用意してください(これまでの大会では、ひとつの発表につき30名程度の参加者でした)。