関西支部第63回研究会【5月14日】

日本映像学会関西支部第63回研究会(5月14日)のお知らせ

下記の通り日本映像学会関西支部第63回研究会を開催いたします。
会員の皆様には奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

日時:平成23年5月14日(土) 午後2時より
会場:花園大学 拈花館(ねんげかん)202教室

研究発表1:「バレエの映像化について、たとえば‘KENNETH MACMILAN’S ROMEO AND JULIET’の場合」
発表者:大阪大学大学院文学研究科 博士前期課程 永井麻里子
要旨:バレエの基本要素は、まず第一に、そこにいるダンサーの動きであろう。近年、バレエ上演の映像作品が多く残されているが、それはたんなる記録なのだろうか。「舞台上にいるダンサー」は、「映像内にいるダンサー」と存在論上、等価でありえようか。映像化されたバレエは、バレエでありえるのか。どのような意味で、そうでありえるのだろうか。あるいはバレエとは別のものであろうか。ケネス・マクミランが振付けた『ロミオとジュリエット』の映像である、‘KENNETH MACMILAN’S ROMEO AND JULIET’の分析を通して、映像化されたバレエが提起する理論上の問題を考察したい。

研究発表2:「時代劇映画の現代的転換としての「残酷時代劇」の再検討」
発表者:花園大学文学部 大澤浄
要旨:本発表では、『用心棒』(1961)と『椿三十郎』(1962)を皮切りに1960年代前半に出現したいわゆる「残酷時代劇」を、時代劇映画の中の一ジャンルとしてではなく、時代劇映画そのものの「現代的」な転換を体現した現象としてとらえ直す。そこでまず、「残酷」という語が当時担っていた言説機能を出版・映画両メディアにおいて検証し、批評用語としての「残酷時代劇」のイデオロギー的文脈を確認する。次に、それら作品群の「残酷」描写の内実を、今一度個々の物語的文脈に即して再検討する。「残酷」の主体/客体(加虐/被虐)、損壊する身体の全体性/部分性などの観点から浮かび上がってくるのは、時代劇アクションにおける「残酷」の、複数の異なる機能と可能性である。

———————————————
[当日連絡先]花園大学 創造表現学科共同研究室 075-277-0473
〒604-8456 京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1

会場アクセス:JR京都駅より、JR嵯峨野線「円町駅」下車 徒歩8分または市バス26・205「太子道」下車 徒歩5分
京阪三条駅より、京都バス61・62・63・64・65「西ノ京馬代町(花園大学前)」下車 徒歩2分
阪急西院駅より、市バス26・27・91・202・203・205「太子道」下車 徒歩5分
四条烏丸・四条大宮より、市バス26・91・203「太子道」下車 徒歩5分
詳しくは http://www.hanazono.ac.jp/access/railway
キャンパスマップ http://www.hanazono.ac.jp/about/facility
———————————————-
日本映像学会関西支部事務局
〒585-8555大阪府南河内郡河南町東山469
大阪芸術大学映像学科内
Tel: 0721-93-3781(内線3327)


報告:会報第155号(2011年7月1日)7頁

2011年度第1回映像教育研究会【4月30日】

2011年度第1回映像教育研究会
~アニメの教科書に関する2回目の研究会~

 3月29日に開催しましたアニメ教科書についての映像教育研究会には、震災による状況が悪い中、学会会員を始め多くの皆様にご参加頂き、活発なご議論を頂きました。しかし、前回予定をしておりました学生に向けた講義シミュレーションが実現できませんでした。そろそろ学生もキャンパスに戻り始めましたので、前回ご提案申し上げました2回目の研究会を開催いたします。
  東京都の制作したアニメ教科書に関して、シラバスのモデルが作成されました。そのシラバスに従い模擬授業を実施し、教育現場におけるテキストの効果的な活用方法、人材育成に向けた教科書のあり方などを研究テーマとして研究会を開催します。

 この研究会では、テキストを使用すると想定される複数の教育機関の学生に対して、モデル・シラバスによる模擬授業を行うことにより、効果的なテキスト使用方法、教育の手法等について実践的研究を進める事で、アニメ分野を含めて広く映像教育に資する教科書のあり方について提案をして行く事を目標としています。

「今回の模擬授業にご協力を頂く受講生」
1. 東京工科大学(4年制大学メディア学部系2年生)

2. 女子美術大学(4年制美術大学2年生)
3. 日本工学院蒲田校(2年制専門学校アニメーション学科2年生)
4. 日本電子専門学校(2年制専門学校CG学科2年生)

「講義シミュレーションの実施内容」
上記の4つの教育機関の協力を得て、各学生に対する模擬授業を行う。
なお、それぞれの学生の画力、制作経験が一様ではないため、今回はアニメ制作におけるプリプロダクションに関する授業をモデルとして実施する。
授業終了後、研究会の議論に資するために、学生達の意見・感想等も聴取し、その後研究会の議論を進める。

・開催日時 2011年4月30日(土)14:00~17:00
・会場 女子美術大学(杉並校舎)6号館4階
 地図 http://www.joshibi.ac.jp/siteinfo/access/suginami.html
・プログラム
14:00~15:00 模擬授業
担当講師:奥田誠治氏(アニメーション監督)、三上浩司氏(東京工科大学メディア学部講師)
15:00~17:00 前回研究会の概要報告および討議

定員:30名
主催:日本映像学会映像教育研究会
協力:日本動画協会

【参加申し込み】下記まで (氏名、所属、E-mail)
女子美術大学大学院 為ヶ谷秀一研究室 宛
E-mail:tamegaya01013@venus.joshibi.jp


報告:会報第156号(2011年10月1日)38頁-39頁

会報第154号を発行しました。

会報第154号(2011年4月1日)を発行しました。
以下のPDFよりお読みください。

JASIAS_NewsLetter154
会報第154号


PDFがウィンドウに表示されない(画面が真っ白や真っ黒等)ときは、
ウィンドウ右下端のサイズ調節をマウスで動かして調節してみてください。
ウィンドウの幅のサイズが会報の幅のサイズより大きいときなどに、
PDF表示画面が出ずに真っ白や真っ黒の画面になることがあります。
また、文字が一部しか表示されないときは、URL表示のそばにあるリロードボタンを
クリックしてみてください。


会報への会員による投稿につきましては以下のフォームによりご連絡ください。のちほど担当よりご連絡申し上げます。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

送信者URL

題名(必須)

メッセージ本文(必須)

※送信前の確認画面は表示されません。上記内容にて送信してよろしければ右のチェックボックスにチェックを入れた後、送信ボタンを押してください。→