jasias のすべての投稿

会報第188号を発行しました。

会報第188号(2020年5月15日)を発行しました。
以下のPDFよりお読みください。

JASIAS_NewsLetter188

PDFがウィンドウに表示されない(画面が真っ白や真っ黒等)ときは、
ウィンドウ右下端のサイズ調節をマウスで動かして調節してみてください。
ウィンドウの幅のサイズが会報の幅のサイズより大きいときなどに、
PDF表示画面が出ずに真っ白や真っ黒の画面になることがあります。
また、文字が一部しか表示されないときは、URL表示のそばにあるリロードボタンをクリックしてみてください。

会報への会員による投稿につきましては以下の投稿規定をお読みのうえ、末尾の連絡フォームによりご連絡ください。のちほど担当よりご連絡申し上げます。

日本映像学会 会報 投稿規定(2017年10月 理事会決定)

1.投稿資格

(1) 投稿の時点で正会員の資格を有していること。

(2) 投稿者本人が執筆者であること。共著の場合は、投稿者が筆頭執筆者であり、必ず他の共著者全員の承認を得た上で投稿しなければならない。

2.投稿内容

(1) 映像に関する研究を推進し、広く映像文化の向上に寄与するもの(「日本映像学会会則」第2章第4条にもとづく)。

(2) 未発表のもの。二重投稿は認めない。投稿者自身の既発表論文や口頭発表と関連がある場合には、そのことを必ず明記すること。

(3) 投稿者は、自らが著作権を有しない著作物や図版などを引用するに際しては、著作権法(第32 条第1項)が定める引用の条件に則って行なうものとし、必要な場合はその著作権所有者の許諾を得なければならない。

3.字数

(1) 字数は自由(1ページは2,400字程度・複数ページも可)

(2) 図版を添付する場合には、図版の大きさを文字数に換算し、全体の文字数に含める。

4.体裁

(1) 完成原稿であること。

(2) メール本文に、題名、執筆者名、住所、電話番号、Eメールアドレス、所属等を記すこと。なお、総務委員会が原稿を確認し、事務局からEメールで「原稿受付」の通知をする。

5.提出方法

(1) 電子データをメール添付で事務局に送信すること。

(2) メール本文にOSの種類とソフト名(Wordもしくはテキスト)を明記すること。

6.投稿先

E-mail: officejasias.jp

7.校正

著者校正は初校のみとし、以後は総務委員会が行なう。

8.著作権

会報に発表された研究報告等の著作権は日本映像学会に帰属する。他の著作に転載する場合には、事務的な手続きのため、事前に文書等で学会に連絡し、転載する際に、会報への掲載に関する基本的な書誌情報を明記すること。

9.締切

投稿は随時受け付ける。

10.その他

(1) 掲載の可否については、総務委員会が決定する(一部改稿を求めることもある)。また、「採否の通知」は事務局からEメールで送信する。

(2) 投稿原稿掲載部分はPDF電子版会報の内としてホームページ上で一般公開

以上


日本映像学会会報への会員投稿に関する連絡フォーム

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

送信者URL

題名(必須)

メッセージ本文(必須)

※送信前の確認画面は表示されません。上記内容にて送信してよろしければ右のチェックボックスにチェックを入れた後、送信ボタンを押してください。→

日本映像学会第46回大会開催延期についてのお知らせ

2020年4月7日

日本映像学会第46回大会開催延期についてのお知らせ

日本映像学会
会長 武田潔
第46回大会実行委員長 門林岳史

 新型コロナウィルス感染が拡大しつつある中で、会員の皆様には5月30日(土)~31日(日)に予定されている第46回大会の開催について危惧を強めておられることと存じます。開催の可否についてご連絡が遅くなったことをお詫び申し上げます。

 この間、理事会および大会実行委員会では、開催校である関西大学において、学外団体による施設利用の停止や制限の措置が採られていないことに鑑み、予定通りの開催に向けて準備を進めてまいりましたが、東京に次いで感染拡大が著しい大阪で5月末に大会を開催することは困難かつ不適当であるとの判断から、予定された日程での開催は中止せざるを得ないとの決定に至りました。

 しかし、会員および発表者にとって年1回の大会が有する意義の大きさから、理事会および大会実行委員会としましては、本年秋に開催する可能性を模索することといたしました。具体的には、関西大学での会場確保の都合から、9月26日(土)~27日(日)が最有力の候補となっております。
 むろん、その時点で感染が収束している保証はなく、現時点で延期開催も確定することはできませんが、最終的な開催の可否については遅くとも7月末日までに会員の皆様にお知らせすることとし、開催が決定された場合には、合わせて発表予定者の方々にも延期された日程での発表の可否を確認するなど、具体的な準備を行う予定です。

 なお、郵送で行う第24期役員選挙については予定通り実施いたします。
また、会則第17条には「通常総会は毎会計年度終了後3ヶ月以内に開催する」ことが定められており、その実施方法についても現在検討中であり、追って皆様にご通知いたします。

 会員の皆様には多大なご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ありませんが、未曾有の危機的状況が進行中であることから、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上

【中止】日本映像学会 映像心理学研究会・アニメーション研究会 日本アニメーション学会 心理研究部会 合同研究会【2月29日】

日本映像学会映像心理学研究会・アニメーション研究会、日本アニメーション学会心理研究部会の合同研究発表会開催中止のお知らせ

 2月29日(土)に開催を予定しておりました日本映像学会 映像心理学研究会・アニメーション研究会と日本アニメーション学会 心理研究部会との合同研究発表会ですが、新型コロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、まことに残念ながら中止とさせていただきます。
 発表のご準備を進めてきた登壇者の方々、ご参加を予定されていた方々には大変恐縮ではございますが、ご理解、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、感染状況の先行きが不透明であることから、延期等の予定は現時点で全て未定となっております。
 以上、よろしくお願い申し上げます。 (2020/02/22)
***************************************************

日本映像学会 映像心理学研究会・アニメーション研究会
日本アニメーション学会 心理研究部会
合同研究会

日本映像学会映像心理学研究会・アニメーション研究会と日本アニメーション学会心理研究部会の合同究発表会を下記の通り開催いたします。どなたでも参加いただける会です。ご興味、ご関心がございましたら、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。
日本映像学会 映像心理学研究会・アニメーション研究会 代表:横田正夫
日本アニメーション学会 心理研究部会 代表:野村康治

■開催概要
 日時:令和2年2月29日(土曜日) 13:00~
 会場:日本大学文理学部3号館 3504教室
 http://www.chs.nihon-u.ac.jp/about_chs/campus_map/
 参加費:無料

■プログラム
〇日本映像心理学会アニメーション研究会
 13:00~15:00(質疑応答を含む)

 研究発表:野村建太+片渕須直
 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の撮影について

〇日本アニメーション学会心理研究部会
 15:10~16:10(質疑応答を含む)

 研究発表:薮田拓哉
 題目:アニメ視聴による心理的体験の構造化および作品/視聴者要因に関する臨床心理学的研究 -アニメーション療法の開発に向けて-
 アニメ視聴によって人々はさまざま体験をするが、時に支えになる体験となるなど、援助的な側面も包含している。しかしアニメーションを心理的援助に応用する試みは行われておらず(横田,2019),基礎的な知見が少ないのが現状である。本発表では、臨床心理学の観点からアニメの心理的支援への活用可能性につながる研究を紹介する。研究1はアニメ視聴で経験する心理的体験を分類・構造化し、それに基づき,アニメ視聴による状態変容モデル,心理的体験モデル,「結ぶ,出会う,繋ぐ」プログラムといった心理的援助への活用モデルを生成した。次いで研究2は、その体験を生起させるのに必要な作品要因と視聴者要因およびそれらの適合,体験生起を妨げる阻害要因について検討した。研究2からは、体験の生起をめぐって作品制作と視聴の双方において着目すべき視点が得られた。本発表では,2つの研究の詳細を紹介し,「アニメーション療法」の可能性について議論したい。

〇日本映像学会映像心理学研究会・日本アニメーション学会心理研究部会 合同企画
 16:20~17:50(質疑応答を含む)

 パネル・ディスカッション「アニメーション -「イメージ」の伝達-」
 パネリスト:中村 浩
 題目:アニメにおける動きイメージのリアリティについて
 アニメ作家が作り出す動きには、その動きのイメージと統合された作家自身の身体図式が表現されている。そしてその鑑賞者においても、観察した動きが鑑賞者自身の身体図式に関連付けられることによって、それがよりリアルな動きとして知覚される。しかしこれは身体図式と視覚的に鑑賞される動きの統合によって形成された視覚図式がアニメ製作者と鑑賞者に共通であることを前提としている。ではこの図式はどのようなプロセスを経て形成されるのであろうか。リアリティの高い視覚図式の形成が、視覚刺激の身体図式への同化によって可能になることを発達心理学的観点から示したのがPiagetであるが、本報告では因果関係知覚の発達を題材とした研究結果を手掛かりとしてこのプロセスについて議論したい。

 パネリスト:佐分利奇士乃
 題目:イメージで語らない生態心理学と、イメージとしてのアニメーション
 生態心理学において私たちが視覚で環境を見るとき、脳内で作られるイメージや目にしたときの網膜に投影される像(イメージ)は必要無い。網膜は光学的配列を捉え、その配列そのものが視覚情報となるからだ。それは私たちの意識の外にあるもので、ヒトの状態や行為にかかわらず存在している。しかし、アニメーションは映像であり、本来のイメージの意味から考えてもイメージである。だから、アニメーションの作り手が見せたいものに情報が片寄ることがある。普段の何気ない動作を改めて絵画的なアニメーションで作ると、高畑勲が指摘していたような「異化効果」によって、観客が持っている「動きの印象」ではないディテールが知覚される。このとき、アニメーションは作り手が「引き写した環境と動きの事実」であるとともに「思い描いた」ものとして機能し、非常に力強い表現となる。

 進行:野村康治

■参加ご希望の方へ
 事前の参加予約は不要ですが、参加人数把握のため、2月28(金)までに下記までご一報いただけましたら幸いです。
■参加申込・問合せ先:
 日本大学文理学部心理学研究室(横田正夫)
 E-mail: myokotachs.nihon-u.ac.jp

第5回ドキュメンタリードラマ研究会【2月24日】

下記の通り、研究会を開催します。

今回は、テレビマンユニオン創業者の一人である今野勉氏を囲んだ座談会と
テレビ東京現役プロデューサーの講演の二部構成です。
ぜひ学生にも声かけていただきご参加いただければと思います。

         記

第5回 ドキュメンタリードラマ研究会
テレビ制作者から聞く「ドキュメンタリーとドラマ」のあいだ
テレビ東京「ハラスメントゲーム」プロデューサー田淵俊彦さん

日時 2020年2月24日(月・祝) 11時〜17時予定
会場 専修大学 神田キャンパス 7号館3階 731教室
地図 URL https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

詳細はこちら
https://docudoraeizo.wixsite.com/documentarydorama/untitled-c1ld2

参加費無料。

内容
第一部は、今野勉氏を囲んで、最近のドキュメンタリードラマについて、参加者と語り合う会とする。
第二部は、ドラマとドキュメンタリーの両方について豊富な制作経験のある田淵俊彦会員の番組 上映と講演を行う。
田淵氏は「ノンフィクション性の高いドラマにおける表現の配慮」を研究テーマに挙げており、これ までに「破獄」(2017年、テレビ東京放送)、「二つの祖国」(2019 年、同放送)など、数多くのド ラマをプロデュースしている。

今回の研究会では、田淵氏がプロデュースしたドラマ「ハラスメントゲーム」(レギュラー回は 2018 年、スペシャル回は2020 年、同放送)を上映する。本作は、現代の社会問題であるさまざまな「ハラスメント」を主題とし、リアリティを追求しながらも、エンターテイメントドラマとして高い評価を得ている。このような社会問題を扱うとき、制作現場では、どのような取材を重ね、判断がなされているのか。そもそもなぜドラマで表現するのか。田淵氏からその実際を伺い、「ドキュメンタリーとドラマ」のあいだを考えることで、これからのドキュメンタリードラマを展望する。

次第
<第一部> 座談会 ― 今野勉氏を囲んで(司会:丸山友美会員) 11時00分 開会挨拶、研究会報告
11時30分 座談会

<第二部>作品研究 講演

13時00分 講師紹介、番組紹介
13時10分 番組「ハラスメントゲーム」上映(120分)レギュラー回の第一話、第二話 15時20分 ご講演 (60分)
16時20分 ディスカッション(60分)
17時30分 閉会 挨拶
18時00分 懇親会

よろしくお願いいたします。

==========================================
杉田このみ
映像作家/専修大学 ネットワーク情報学部 講師
==========================================

第22回ヴィデオアート研究会【2月29日】開催のお知らせ

第22回ヴィデオアート研究会(2月29日)開催のお知らせ

日時:2020年2月29日(土)14:00-16:00
会場:レンタルスペースBlueMountain(池袋)
住所:東京都豊島区東池袋1‐47‐2 サニーハイム池袋 405号室
(一階に「ALEGRIA」がある茶色いレンガのビル、4階右手の部屋)
アクセス:
http://bit.ly/2FYXeGI
http://bit.ly/3afuiIm
会場定員:20名

内容:インターディシプリナリーアートにおける映像表現の拡張
本研究会は、ヴィデオアートのアカデミックな研究と、制作や展示現場のフィールドワークを交互に行なう方針で発足されました。今回は演劇、ライヴ、インスタレーション、公共空間での作品紹介など、アートの脱ジャンルにむけた活動をしているインターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ( IAFT )の代表、韓成南さんをお迎えし、ヴィデオの現在的な在り方、各国の動向などその多様性と深化を含めた文化的な戦略について作品を交えながらお話しいただこうと思います。

パネリスト: 韓成南( インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ/IAFT代表)
進行:瀧健太郎(ビデオアートセンター東京/学会員)

お問合せ:
日本映像学会ヴィデオアート研究会
代表 瀧健太郎

2019年度 西部支部研究例会および支部総会のご案内【2月12日】

2019年度 西部支部研究例会および支部総会のご案内

西部支部では、研究例会および支部総会を下記の通り開催いたします。研究例会終了後には支部総会、懇親会も行います。会員の皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2020年2月12日(水) 15:00-18:00
会場:九州産業大学芸術学部17号館6階デジタルラボ601
(福岡市東区松香台2-3-1)
https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/access.html

スケジュール:
(1)研究例会 15:00-17:00
発表1:「アイソタイプ・アニメーションと同時代の情報アニメーションへのその影響ーフィリップ・ラーガンを中心として」
発表者:伊原久裕 (九州大学芸術工学研究院)
要旨:情報アニメーション(インフォアニメーション(Inform animation)とは,Nicoló Ceccarelli, Carlo Turriらが提唱した概念で,ダイヤグラムや地図,グラフなどを用いて情報を伝えることを目的としたアニメーションの1ジャンルを示す。このジャンルの典型のひとつにピクトグラムを用いた技法であるアイソタイプのアニメーションがある。アイソタイプのアニメーションは、第二次世界大戦中のイギリスで、ドキュメンタリー作家のポール・ローサのディレクションによって制作されたが、同時期のカナダにおいてもアイソタイプにきわめて類似したアニメーションがNFB(National Film Boards)から配給されていたことはあまり知られていない。制作者はフィリップ・ラーガン(Philip Ragan:1909ー1989)という名のアメリカ人であり、彼はNFBの責任者であった英国人ドキュメンタリー作家のジョン・グリアソン に依頼を受けて、およそ30本の短編アニメーションをNFBのために制作していた。発表者は、アイソタイプの影響に関する研究の一環として、この無名のアニメーション制作者について調査を行なっており、本発表では、現時点で判明している調査の報告を中心として、同時期のアメリカで軍事訓練用に制作されたUPA(United Productions of America)関連のアニメーションも取り上げつつ、アイソタイプ・アニメーションの影響の範囲,形態とその社会文化的意味について考案したい。

発表2:「実験映像『桜の心臓』について─考察と展開」
発表者:黒岩俊哉 (九州産業大学芸術学部)
要旨:『桜の心臓』は、発表者が2019年に制作した実験映像作品である。発表者のこれまでの作品の特徴は、合成技術から生まれる映像群(イマージュ)を契機として、さらにそれらを再合成することで、重層的かつ複雑なイマージュのまとまり(シーケンス)を構成し、映像表現の深度や強度を形成していくものであった。
ところが本作では、歌手 “よしお” の同名曲のプロモーション機能を備えることが前提と存在していた。そのため初期段階の制作アプローチが、これまでの表現のそれとは幾つかの点で異なっていた。それは、歌手や曲の世界感を、ある種の抽象的な映像言語を用いて表現する必要性が、当初から規定されていたことでもある。今回の発表では、発表者のこれまでの作品と本作との表現の違い解説し、それを同時に問題提起としながら、映像芸術と映像がもつ機能性について、作家の立場から考察する。
また、本作はこれまでに「黒岩俊哉映像個展『まなざしのパッセージ2019』」(2019年9月)と「三又中学校学校美術館」(2019年12月)において公開されている。映像と観客が接する「場」の重要性と、作品の自律性についても言及する。

発表3:「香椎宮境内でのビデオプロジェクションを活用した空間演出について」
発表者:岩田敦之 (九州産業大学芸術学部)
要旨:2019年9月、福岡市香椎宮で開催された観月祭にてビデオプロジェクション手法による空間演出を行った。神社での夜間イベントに合わせた演出が課題となり、幅広い世代の来場者が境内でのひと時をゆったりと過ごせるよう、自然の「ゆらぎ」や「うつろい」をテーマに空間演出を行った。本発表では、この活動の総括を行うとともに、今後の展開について報告する。

(2)支部総会:17:10-18:00
研究例会終了後、同会場にて開催。

(3)懇親会:18:15-
支部総会終了後、会場近くで懇親会を予定しています。

研究例会連絡先:
九州産業大学芸術学部(黒岩)

会報第187号を発行しました。

会報第187号(2020年2月1日)を発行しました。
以下のPDFよりお読みください。

JASIAS_NewsLetter187
日本映像学会会報第187号PDF版

PDFがウィンドウに表示されない(画面が真っ白や真っ黒等)ときは、
ウィンドウ右下端のサイズ調節をマウスで動かして調節してみてください。
ウィンドウの幅のサイズが会報の幅のサイズより大きいときなどに、
PDF表示画面が出ずに真っ白や真っ黒の画面になることがあります。
また、文字が一部しか表示されないときは、URL表示のそばにあるリロードボタンをクリックしてみてください。

会報への会員による投稿につきましては以下の投稿規定をお読みのうえ、末尾の連絡フォームによりご連絡ください。のちほど担当よりご連絡申し上げます。

日本映像学会 会報 投稿規定(2017年10月 理事会決定)

1.投稿資格

(1) 投稿の時点で正会員の資格を有していること。

(2) 投稿者本人が執筆者であること。共著の場合は、投稿者が筆頭執筆者であり、必ず他の共著者全員の承認を得た上で投稿しなければならない。

2.投稿内容

(1) 映像に関する研究を推進し、広く映像文化の向上に寄与するもの(「日本映像学会会則」第2章第4条にもとづく)。

(2) 未発表のもの。二重投稿は認めない。投稿者自身の既発表論文や口頭発表と関連がある場合には、そのことを必ず明記すること。

(3) 投稿者は、自らが著作権を有しない著作物や図版などを引用するに際しては、著作権法(第32 条第1項)が定める引用の条件に則って行なうものとし、必要な場合はその著作権所有者の許諾を得なければならない。

3.字数

(1) 字数は自由(1ページは2,400字程度・複数ページも可)

(2) 図版を添付する場合には、図版の大きさを文字数に換算し、全体の文字数に含める。

4.体裁

(1) 完成原稿であること。

(2) メール本文に、題名、執筆者名、住所、電話番号、Eメールアドレス、所属等を記すこと。なお、総務委員会が原稿を確認し、事務局からEメールで「原稿受付」の通知をする。

5.提出方法

(1) 電子データをメール添付で事務局に送信すること。

(2) メール本文にOSの種類とソフト名(Wordもしくはテキスト)を明記すること。

6.投稿先

E-mail: officejasias.jp

7.校正

著者校正は初校のみとし、以後は総務委員会が行なう。

8.著作権

会報に発表された研究報告等の著作権は日本映像学会に帰属する。他の著作に転載する場合には、事務的な手続きのため、事前に文書等で学会に連絡し、転載する際に、会報への掲載に関する基本的な書誌情報を明記すること。

9.締切

投稿は随時受け付ける。

10.その他

(1) 掲載の可否については、総務委員会が決定する(一部改稿を求めることもある)。また、「採否の通知」は事務局からEメールで送信する。

(2) 投稿原稿掲載部分はPDF電子版会報の内としてホームページ上で一般公開

以上


日本映像学会会報への会員投稿に関する連絡フォーム

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

送信者URL

題名(必須)

メッセージ本文(必須)

※送信前の確認画面は表示されません。上記内容にて送信してよろしければ右のチェックボックスにチェックを入れた後、送信ボタンを押してください。→

アナログメディア研究会主催企画「驚天動地のNOTO FILM」能登勝 レクチャー & 上映【2月11日】のお知らせ

アナログメディア研究会主催企画
「驚天動地のNOTO FILM」 能登勝 レクチャー & 上映

2020年2月11日火曜日休日
18時45分開場
19時00分上映開始
21時30分頃終了予定

宮地楽器ホール 地下練習室 2・3
JR中央線武蔵小金井南口駅前
https://koganei-civic-center.jp/map/
資料代1000円

プログラム(上映予定作品)作品の技法や技術の解説をして、作品を16mmフィルム映写機で上映します。

耕す・(16/color/9min.)
大地からの展開・(16/color/12min.)
犬の映画・(16/color/8min.)
夢代九・(16/B&W/9min.)
夢のフランス・(16/color/6min.)
上弦の月・(16/color/16min.)
下弦の月・(16/color/23min.)
境内にて・(16/color/7min.)

驚天動地のNOTO FILM

商業現像所では出来ないような華麗で繊細な仕上がりを目指す能登勝の自家現像と自家プリント。自家現像なんてゴミだらけ、キズだらけ、ムラムラで汚い、と考えて居る人はとりあえず能登勝の映画を一度見て頂きたい。自家現像が美しい映像を作り出す為の技法なのだ、と諒解出来るだろう。そして商業現像所では決して引き受けてはくれない“電子レンジ現像”“蟻プリント”“定着液吹き付け”など自家現像、自家プリントならではの驚愕の表現に息を呑む筈だ。多摩芸術学園映画科の学生時代にスタン・ブラッケージの作品に出会い劇映画から実験映画に方向を転換、以来自家現像、自家プリントでの実験映画制作一筋四十余年、世界でも類を見ない斯界のパイオニア能登勝。驚天動地の能登勝映画作品を作家の解説と共に鑑賞する。自家現像とは何かを考えるのにも絶好のこの機会をお見逃しなく。

主催・問合せ :日本映像学会 アナログメディア研究会
(e-mai:analogmedia2013gmail.com)
ご案内:https://www.facebook.com/events/2551091725019745/

日本映像学会アナログメディア研究会
代表:太田曜
連絡先:尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科 川口肇研究室(川口肇)
e-mail:analogmedia2013gmail.com

第46回大会関西大学<2020年5月30日(土)・31日(日)>について

日本映像学会 大会申込期限のお知らせ

 2020年の日本映像学会第46回大会は、2020年5月30日(土)、31日(日)に関西大学(千里山キャンパス)で開催されます。
前回より申込みをオンライン入力に統一しました(従来までの返信用葉書はありません)。
詳細は日本映像学会ウェブサイト上の「第2通信」でご確認ください。
大会での発表および参加を希望される方は、大会ウェブサイトの申込フォームから手続きをしてください。

大会ウェブサイト http://jasias.jp/eizo2020
発表の申込期限 2020年2月21日(金)
大会参加の申込期限 2020年5月8日(金)

 皆さまのご来場をお待ち申しあげております。

日本映像学会第46回大会実行委員会
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学文学部映像文化専修内
kandai-convention@jasias.jp

アジア映画研究会(第14回)開催のお知らせ【2月4日】

アジア映画研究会会員/日本映像学会会員各位
「日本映像学会アジア映画研究会(第14回)開催のお知らせ」

アジア映画研究会(第2期第14回/通算第33回)を下記のとおり開催します。

日時:2020年2月4日(火)18:00-20:00
会場:国際交流基金・御苑前オフィス7階アジアセンター(702-703会議室)
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3-7F
(東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 2番出口 から徒歩8分)
アクセスマップ https://www.jpf.go.jp/j/access/map.html
<内容>
①発表「ボーダークロッシングアジア—国境を越えるインディペンデント映画製作を再考する Border-Crossing Asia—Rethinking Transnational Independent Filmmaking」
馬然 Ma Ran(日本映像学会会員、名古屋大学人文学研究科 准教授)60分+討議

昨年10月に刊行された馬先生の著書『Independent Filmmaking across Borders in Contemporary Asia(国境を越える現代アジアのインディペンデント映画)』の内容を中心にご発表を頂きます。
使用言語は英語(質疑応答時は必要に応じて中国語・日本語の通訳あり)

(発表要旨 英文)
This talk focuses on ‘independent border-crossing cinema’ and explores a breed of independent auteurs whose micro-practices and projects (‘border-crossing films’) are both locally situated and contingently embedded in the translocal (local-to-local), transnational network of production, circulation, and exhibition. This transborder filmmaking can be viewed as both an aesthetic practice and political act, reframing how people, places, and their inter-connections can be perceived—opening up possibilities to reimagine Asia and its connections to globalization.
(プロフィール 英文)
馬然 MA Ran (associate professor) teaches at the Global-30 “Japan-in-Asia” Cultural Studies and the Program of Cinema Studies, Graduate School of Humanities, Nagoya University, Japan. Her research interests include Asian independent cinemas and film festival studies.
She is the author of Independent Filmmaking across Borders in Contemporary Asia (Amsterdam University Press, 2019).
(書籍の出版社のサイト)
https://www.aup.nl/en/book/9789462986640/independent-filmmaking-across-borders-in-contemporary-asia

共催:基盤研究(C)「カルチュラル・アサイラム―中国インディペンデント・ドキュメンタリーの位相空間」(19K00259)(神奈川大学・秋山珠子)

②討議「今後のアジア映画研究会の開催と運営について」
参加者全員

※発表の後、今後のアジア映画研究会をどのように続けていくか、参加者全員で話し合いを持ちます。積極的な参加をお願い致します。

———————-

ご参加についていくつか注意点がございます。

<19時までにご来場の方>
御苑前オフィスビルの正面玄関からお入りいただき、直接7階アジアセンターフロアまでお越しください。
<19時以降ご来場の方>
19時以降はビルが施錠されます。ご来場の都度、中から職員がお迎えに参りますので、到着次第、座長あてにメールでご連絡ください。
(2月座長:金子 kanekoyougmail.com 気をつけていますが、気がつかないことがありますので時間を置いて再度ご連絡ください)

<出席について>
国際交流基金の会場の都合で、前日までに参加者全員のお名前を報告する必要があります。
ご出欠のご連絡は、「調整さん」で出欠確認をおこないますので、下記のサイトへ行き、「出欠を入力する」をクリックしてください。
https://chouseisan.com/s?h=8af0713616ad48a8a92bfe555518cf8c
「表示名」にお名前(フルネーム)を入力、○(出席)、△(不明)、×(欠席)のいずれかを選び、にコメント欄にはご所属または肩書き、さらにあればご連絡事項を記入して下さい。
出席の方は、前日、2月3日(月)18:00までにご記入をお願いします。

以上

日本映像学会会員
金子 遊