研究企画委員会からのお知らせ(研究会登録申請、研究会活動費助成の公募について)

研究企画委員会からのお知らせ                      15 july 2013

会員のみなさまへ研究企画委員会から研究会活動にかんする2件のお知らせがあります。新規発足予定の研究会を含む各研究会・会員は必ずお読みいただき、御対応のほどよろしくお願いいたします。

1: 研究会登録申請について
  研究企画委員会は2013年度の目標として、本学会に所属する研究会活動のさらなる活性化を奨励するということを挙げています。
 それにあわせて、新規の研究会の発足を奨励するとともに、有意義な研究会活動を支援し、研究会活動の成果の共有化を図ることを具体的な課題としています。
 2013年5月11日の理事会において、その目標の実現に向けて研究企画委員会では、既存の研究会の活動実態を把握するとともに、研究会活動の統括をになうことが決定されました。
 その目標達成にむけ、これまでの研究会の所属関係を整理し、原則的にすべての研究会はあらためて各支部に登録申請書を提出し、承認を得ることになりました。

 これにともない、理事会の直属機関である研究企画委員会に直属していた4研究会についてもその所属関係が解消され、当該の研究会が研究会活動の継続を希望する場合は、あらためて各支部に登録申請を行ない、許諾を得ることが必要となりました。
 *研究会の登録申請は代表者の所属する支部、または所属する研究員が多数を占める支部に登録申請をおこなってください。なお、研究会内にさらに支部会などを組織する場合は、必要に応じて各研究会内部で調整をおこなってください。
 *研究会に配分される運営費は登録する支部予算の中から支給されます(配分額については各支部の裁量による)。
 *研究会の申請時期は春期(4月末)、秋期(9月末)の年2回とします。
 *過去2年間以上にわたり実質的な研究会活動が見られない研究会は、研究活動に対する休止の正当な理由、存続の必然性の有無、研究会を構成する会員の意欲および、今後の研究活動の継続への意思などが問われます。
 研究活動の休止の理由などについて充分な説得力が得られない場合には研究企画委員会・理事会の審議を経て本学会が公認する研究会としての承認が得られない場合があります。
 なお、その対象となった研究会は、2年間同一の会員が主宰する同名の研究会として申請することができなくなります(以上、2013年7月6日の理事会の承認事項)。

◎「研究会登録申請書」について
 新規に発足を希望する研究会、およびすべての既存の研究会の主宰者は添付の記入票(研究会登録申請書.xls)に、必要事項を記入のうえMailにて映像学会事務局・支部宛(登録を希望する支部)に登録申請を行なってください。(電子メールの場合の送信先アドレス:jasias@nihon-u.ac.jp
*なお、「研究会登録申請書」の記入内容については添付の記入票をご覧ください。

2: 研究会活動費助成の公募について
●研究会活動費助成の公募
  2013年度、本学会は映像にかんする研究・活動の活性化を図るために、研究会が企画・運営する研究活動にたいして研究会活動費助成の公募をします。
  有意義と期待される研究活動、継続的な研究活動を続けている研究会、および新規発足の研究会による研究活動の奨励を目的とし、研究会活動費助成の公募をします。
 応募された「研究会活動費助成申請書」については審査委員会による研究・活動計画内容、実施の実現性などについて厳正な審査のうえ、助成対象となる研究・活動計画を決定します。
  なお、休止中の研究会については、研究会活動の再開計画の立案、組織の再編成案の策定、停止・解消等の検討を充分行なった上で応募されることが望まれます。

●応募期間:2013年7月20日〜8月25日(2014年度公募は3月に行ない、大会で発表予定)
●応募資格:各支部に所属する研究会の代表者
(*なお暫定措置として今年度分に限り、支部登録への登録申請中の新規研究会、および変更が完了していない旧研究企画委員会直属の研究会についても応募申請ができるものとします)
●公募内容:研究会が企画・運営する研究会活動費として以下の2種の助成金を交付します。企画内容にそってどちらかを選択して応募してください。
(ただし、応募状況により予算額の調整を行なう場合があります)

  予算額A: ¥150,000(2件程度)    予算額B: ¥80,000(3件程度)
  (総額¥500,000~540,000程度)

●審査結果の通知:2013年9月下旬
●助成金の交付:審査結果にもとづき助成金額を通知します。原則として年度末に領収書と引き換えに交付します。事情により事前の交付についても柔軟に対応する用意があります(総務扱い)。
●研究会活動の結果の報告書の提出:年度末(学会報、大会などでの公表)
●研究会活動費の運用についての報告:(総務へ提出)
*なお、申請内容に食い違いが生じたものや、実施できなかったものについては報告と、助成金の返還を求める場合があります(以上、2013年7月6日の理事会の承認事項)。

◎「研究会活動費助成申請書」について
 応募する研究会の主宰者は添付の記入票(研究会活動費助成申請書.xls)に、必要事項を記入のうえMailにて映像学会事務局・研究企画委員会宛に送ってください。(電子メールの場合の送信先アドレス:jasias@nihon-u.ac.jp
*なお、「研究会活動費助成申請書」の記入内容については添付の記入票をご覧ください。

                               日本映像学会研究企画委員会

xls.png

研究会登録申請書.xls

xls.png

研究会活動費助成申請書.xls

アニメーション研究会・映像心理学研究会合同研究発表会【8月10日】

************************************************
日本映像学会アニメーション研究会・映像心理学研究会
合同研究発表会開催のご案内
************************************************

盛夏の候、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 さて、アニメーション研究会ならびに映像心理学研究会を下記の如く開催いたします。 会員の皆様におかれましては、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

映像心理学研究会・アニメーション研究会代表 横田正夫

■日時===========================================
平成25年(2013年)8月10日(土曜日)
アニメーション研究会:13:00~14:20
映像心理学研究会:14:30~16:30

■会場===========================================
日本大学文理学部百周年記念館 会議室1
所在地 〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
交通アクセスマップ http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
キャンパスマップ http://www.chs.nihon-u.ac.jp/wpchs/swf/map.html

■プログラム=====================================
1.アニメーション研究会

講演:アニメにおけるジェンダー表象とオーディエンスの理解―女の子向けアニメを中心に 講師:須川亜紀子氏(関西外国語大学外国語学部) 要旨:2000年初頭から、日本のマンガとアニメは欧米、アジアに大きな市場を獲得した。特に年代、ジェンダー別対象の作品(少年、少女マンガ、少年向け、少女向けアニメ)は、それまでのグラフィックノベルやアニメ番組では多様化されていなかった海外のティーンヒーロー、ヒロイン像に新たなモデルを提示した。一方で、過激にセクシュアライズされた美少女表象など、日本アニメにおける女性表象ステレオタイプは、しばしば批判の対象となっている。 本発表では、女の子向け「魔法少女」アニメと成年(青年)向け「萌え」アニメにおける女性表象をとりあげ、テキスト分析を試みる。また、発表者が関わっている海外オーディエンスの日本のアニメ理解に関するプロジェクトで析出された、海外オーディエンスのジェンダー理解に対する事例も紹介したい。

講演発表:13:00~14:00
質疑応答:14:00~14:20

2.映像心理学研究会

報告:アニメーションにおける動きを作る現場の実際と理論の連結を図る試み
2:30‐3:30
報告者:片渕須直会員(日本大学芸術学部映画学科)
要旨:アニメーション創作の現場で用いられている作画技術を運動知覚の理論研究と関連付け、「原理」を明確にした上でそれぞれの技術を取り扱えるようにしたい。これにより、今は感覚的にしか語ることができないアニメーションの「動きを作る技術」を、より一般化された基準で計れるようにしたい。それはアニメーション創作における「動き」の地位を向上させることに役立つだろうし、大学レベルでのアニメーション教育においても有効なものとなるだろう。こうした目的が達成されるには、創作現場サイドと研究サイドの度重なる対話が必要となることが予想されるが、その最初のアプローチとして、アニメーションの作画現場で行われている作業の実際、現場において感じられている動きについての感覚的なものを、研究側に開示することから始めたい。具体的には、「1コマ作画」「2コマ作画」「3コマ作画」の使い分けと、そのそれぞれから受ける感覚について、及び「先ヅメ」「後ヅメ」といった作画技術について紹介し、その効果について分析したい。

報告発表:14:30~15:30
討  論:15:30~16:30
指定討論者:中村浩氏(北星学園大学短期大学部生活創造学科)

注)動きの研究は継続的に実施し、基礎資料として研究会での報告をまとめ、冊子を作る予定。

■参加申込・問合せ先============================
日本大学文理学部心理学研究室(横田正夫)
〒156-0045 東京都世田谷区桜上水3−25−40
E-mail: myokota@chs.nihon-u.ac.jp
Tel: 03-5317-9720 Fax: 03-5317-9427 ===============================================
以上


報告:会報第164号(2013年10月1日)44頁

関西支部第35回夏期映画ゼミナール2013年【8月3・4・5日】

日本映像学会関西支部第35回夏期映画ゼミナール2013年
時代劇再考―全盛期から転換期へ―
主催:日本映像学会関西支部・京都府・京都府京都文化博物館
共催:(財)京都ゼミナールハウス

プログラム

8月3日(土)
 正午~午後1時30分  昼食
 午後1時40分~  開会の辞
 午後1時45分~午後2時54分 『忠臣蔵』(牧野省三) 1912年 69分 横田商会
 午後3時15分~午後4時27分 『江戸最後の日』(稲垣浩) 1941年 72分 日活(太秦)
 午後5時30分~午後7時00分  夕食
 午後7時00分~午後8時48分 『暗殺』(篠田正浩) 1964年 108分 松竹(大船)

8月4日(日)
 午前8時00分~午前9時00分  朝食
 午前9時00分~午前10時49分 『妖刀物語 花の吉原百人斬り』(内田吐夢) 1960年 109分 東映(京都)
 午前11時05分~午後0時16分 『斬る』(三隈研次) 1962年 71分 大映(京都)
 正午~午後1時30分  昼食
 午後1時30分~午後3時13分 『仇討』(今井正) 1964年 103分 東映(京都)
 午後3時30分~午後5時38分 『上意討ち』(小林正樹) 1967年 128分 東宝、三船プロ
 午後5時30分~午後7時00分  夕食
 午後7時00分~午後9時30分  シンポジウム
  パネリスト:辻光明(映像演出、現代風俗研究会会員、元大映京都撮影所助監督『怪盗と判官』『又四郎喧嘩旅』『雪の渡り鳥』『炎上』『銭形平次捕物控・美人蜘蛛』『疵千両』『忠直鄕行状記』『大菩薩峠 ( 龍神の巻 )』『釈迦』『女と三悪人』『破戒』『斬る』『新撰組始末記』『顔役』など多数)、石塚洋史(近畿大学非常勤講師)、ほか交渉中。
  司会進行:未定

8月5日(月)
 午前8時00分~午前9時00分  朝食
 午前9時00分~午前10時16分 『東海道四谷怪談』(中川信夫) 1959年 76分 新東宝
 午前10時35分~午後0時08分 『この首一万石』(伊藤大輔) 1963年 93分 東映(京都)
 閉会の辞
 正午~午後1時30分  昼食

会場:京都市右京区京北下中町鳥谷2番地  京都府立ゼミナールハウス
 TEL 075(854)0216  http://kyosemi.or.jp
 8月3日は無料送迎車があります。JR二条駅 西側ロータリー
  午前11時00分 発 ゼミナールハウス 正午頃 着
  JRバス(有料)ご利用の場合は「周山行」にお乗り下さい。
  周山到着後、ゼミナールハウスまでお電話下さい。お迎えに参ります。

参加費:二泊食事付  学会会員、一般 15,000円  学生 12,000円
懇親会(8月5日 昼より):「山国笑福亭」(鮎料理)  TEL 075(853)0016
懇親会会費 15,000円(学生 8,000円)
申込締切:7月26日(金)
参加申込先: 〒 585-8555大阪府南河内郡河南町東山469
大阪芸術大学映像学科内
日本映像学会関西支部事務局(遠藤) 宛
TEL 0721(93)3781 内線3327  FAX 0721(93)6396
※所定の申込用紙があります。上記参加申込先へご連絡ください。

以上


報告:会報第164号(2013年10月1日)47頁

会報第163号を発行しました。

会報第163号(2013年7月1日)を発行しました。
以下のPDFよりお読みください。

JASIAS_NewsLetter163
会報第163号

PDFがウィンドウに表示されない(画面が真っ白や真っ黒等)ときは、
ウィンドウ右下端のサイズ調節をマウスで動かして調節してみてください。
ウィンドウの幅のサイズが会報の幅のサイズより大きいときなどに、
PDF表示画面が出ずに真っ白や真っ黒の画面になることがあります。
また、文字が一部しか表示されないときは、URL表示のそばにあるリロードボタンを
クリックしてみてください。


会報への会員による投稿につきましては以下のフォームによりご連絡ください。のちほど担当よりご連絡申し上げます。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

送信者URL

題名(必須)

メッセージ本文(必須)

※送信前の確認画面は表示されません。上記内容にて送信してよろしければ右のチェックボックスにチェックを入れた後、送信ボタンを押してください。→